クレジットカードとは

クレジットカードとは、クレジット会社が消費者に発行するカードのことです。
このカードを使うと現金を持たなくても、代金後払いで商品を購入したりサービスを受けたりすることができて大変便利です。
そんなクレジットカードはどういった経緯で始まったのでしょうか。1950年(昭和25年)のアメリカで世界初のクレジット会社が誕生しました。

この会社ができたきっかけは、レストランで食事をした際に財布を忘れてしまった実業家が、現金を持たなくても食事ができるシステムを作ろうと考えたことが始まりといわれています。日本では、クレジットカード会社はそれから10年後の1960年に創立されました。

本格的に普及しだしたのは、都市銀行がクレジットカード事業に取り組みだした1968年以降になります。クレジットの訳は「信用」になります。この信用をもとにクレジットカード会社は消費者と契約を結んでカードを発行しますから、誰にでも発行してくれるわけではありません。
商品やサービスの代金を消費者に代わってカード会社が立替払いするシステムですから、有効期限や利用限度枠内での利用、規約の順守に加え、きちんと支払い能力があるかどうかの審査がおこなわれます。この審査基準はクレジットカード会社によってさまざまで、甘いところと厳しいところがあります。

消費者はクレジットカード会社から一定の期間、信用されているという意識を持ちルールを守ることが大切です。